back number
1st mini album『逃した魚』
now in stores.

nogashitasakana.jpg


nogashitasakana.jpg

2009年11月18日

25歳無職の小言@

最近寒いね。
完全に冬だね。
前やってた左官屋(現場仕事)は、冬が一番しんどかった。足は指もげたんじゃねぇかってくらい感覚無くなるし、道具洗う時現場の水道だから冷たくってさ。地獄水が出てくるのよ。毎日「あーやめたい」って思ってたもの。

でも実際に辞めた今、建築現場見かけるとなぜか胸が締め付けられる思いに襲われんのよ。別れた彼女の家の前通りかかったわけじゃあるまいし大げさだろって思うけど、でももう6年以上もほぼ毎日やってた仕事だもんね。少し寂しくなるのも仕方ないか。

んで思うんだけどさ、俺は今まで自分を『失ってから気付くのが得意な奴』だって思ってたけど、もしかしたら本当は『今ここに無いものに余計な魅力を感じてる奴』なんじゃないかな。なぜか光って見えるのよ。しかももう手に入らないとなれば、こりゃ一大事だよ。もうぴっかぴかだよ。俺だけかな。いやでもアーティストだって死んでからまた作品が売れたりするからな。俺だけじゃないか。

posted by 依与吏 at 18:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう、そこに無いものが、ピカピカに感じる。私もあります。
あれもどれもこれも、みたいに、沢山のものは、1人では持ちきれない事って、あると思います。
日々が目まぐるしくて忘れてしまった事や思いを、また思い出したりする時間も、大切な時間なのかな、なんて思います。
前の経験と、新しい事と、いろんな事がうまくまざって、また、新しい自分になっていくように思います。25。なんだか1つの節目のような数字ですよね。何っては、ないのかもしれないけど。私ももうすぐなるので、なんだか最近、考えたりしてます。
Posted by ささまき at 2009年11月18日 19:28
現場の前でキュンとなるのはいくら辞めたいなって思ってても辞められない位お仕事を愛して誇りに思っていたからだし一所懸命頑張って来た証しと思う。

色んな物を吸収しながらゆっくり着実に大きくなり無くしたものも悩みもまるまる飲み込み歩いて来た青虫はさなぎになる、じっとただじっと…大きく羽を広げて飛び立つその時まで今はじっくり…ゆっくり…思いを繰り返し失った事の大切さを知り未来もまた大きく夢見て…何遍繰り返したって良いじゃない!そんな繰り返し多い程心の厚みが増すんだから…そしてらほらもうじき大きな揚羽蝶になる日がやって来るよ。

大切な物失っても未だ未だ若いんだから他の大切な物も沢山見つかるだろうし、どうしても失い切れないモノ…だって気付いたら取り戻しにも行けるよ。
気がつきゃ今年丁度50になってた依与吏君の倍だよ。楽しい事も倍あったけど悲しみや苦しみも倍だしここまで来ちゃうとね取り戻しにも返れない!今の内だよ。そういった諸々に悩み苦しめるのは…取り敢えず思うがままにガンガン突っ走っちゃえ〜♪
Posted by YUKO at 2009年11月19日 20:16
仕事の内容の不満や、人間関係になやんで、仕事辞めたい!!って…
「退職」を申し出る冷や汗2
その時期が迫ってくると、退職を取りやめてもいいかなぁ!?って思うのだそうです。

結局、何が変わっていくのかというとほっとした顔
退職前に回りではなくて、自分の何が変わっていくみたいですわーい(嬉しい顔)

そんなこんなで、私の職場には一旦退職して復職してくる方が多いです。

やり直しはいつでも決定なので、今はゆっくり休んで下さいexclamation×2
Posted by ☆CHIEMI☆ at 2009年11月20日 01:14
私も失ってから気づく人だと思いながら、無いものに魅力を感じてるんだと思います。

尾崎豊さんやいかりや長介さんと亡くなってる人が偶然にも大好きだったり、好きになる人も全然振り向いてくれない人が魅力的に思えてしまいます。
人間誰しも抱く感情だと思っています。

私は去年だいすきなお母さんが離婚して、新しい男の人と出ていってしまって捨てられたんだ、、って一年間ずっと思い悩みました。それが私にとってすごくストレスでやけ食いを毎日するようになり、ちょうど今年の春で1年になります。体重が10キロ増えて醜い体になっていきました。それがまたストレスになって悪循環から抜け出せず、抜けれない自分の意志の弱さに改めて気付かされ、、の繰り返しでした。

今でもそうで、お母さんに愛されたいな、みんなはまだお母さんが家にいて、おはようって言いあえて、料理たべたり、テレビみたり出来るんだな〜って思います、、。孤独だから誰かに愛されたい。これも同じなのでしょうか😣

お母さんとはすごく仲良しで毎日抱きしめあって夜は変なダンスしたりふざけたりしてずっと一緒だったから、今は家で1人で寂しいです。
そうなってからお母さんに素直な気持ちを伝えるのが怖くて、お母さんの心が離れていき出した中二の後半くらいから、寂しいとか言えなくなりました。その代わり今の現状に不満があることをわかって欲しくてぶすっとした態度をわざと取っていたら、今に至りました。選択を誤って嫌われてしまいました。
寂しいなんていってうっとうしがられたくないと思ってただけなのに、今さら後悔してももう新しい生活がお互いあって戻れないのは分かっています。でもそしたら私は一生満たされいのかな?って思ってしまいます、、。

聖者の行進や青い春という人生などに対する訴えの歌が好きで、backnumberにハマっていったのですが、恋愛の歌も素晴らしくてfishや思い出せなくなるその日までや幸せなどは、私はお母さんのことを考えながら泣けるのです。それほど、人間的な共通する気持ちを切なく表現していてすごいと思いました。

依与吏さんという人はすごく綺麗で純粋な生き方をしてきたんだなと思って惹かれました。

あとこのブログを見つけて読んでいくと、依与吏さんの言葉が共感できすぎてすごく支えられました。

私は調子がいい時はほんとに世界中の誰よりも絶好調だ😍💗と思えてすごく前向きになるのですが、後ろ向きの時はとことんダメで何もかもうまく行かなくてそんな自分をせめてだめだな〜と思ってしまいます。
依与吏さんはそんな内容を書いていて、私みたいに浮き沈みが激しい人は、、と自信を無くしていましたが、少なくとも大好きで尊敬している依与吏さんも辛いこと幸せなことを繰り返して生きてきたんだと思うと辛い時も頑張れます。

そして高校生のくせに、時にふざけることや自由なことはもちろんすごくすきですが、そういうことが出来るような友達といると居心地がよいですが、贅沢を言えばその子と真剣に思ってることも語れるような関係が1番すきで、依与吏さんみたいな友達がいたらいいんだろうなと思いました🌷
面白いけど語れる。それってすごく大事な気がします。
私はギャグ漫画すきでお笑いだいすきで、でも哲学的なこともすきで、依与吏さんはいつも面白いこといっても自分の思いはしっかりまじめに語るところがすごくすきです。

せっかく香川で初のbacknumberライブに行って最高な幸せをもらったのに今日いろいろあって落ち込んでます。

oneroomやっと入れて、依与吏さんの哲学的文章があまりなくてここもやっぱり全部みよう☺💗と思いました。
依与吏さんの心の中はみんなを救っていると思います。
面白い依与吏さんだいすきですが、語っても欲しいです。
Posted by 小関梨良 at 2016年04月05日 23:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。